リンパ腫の症状と対策

リンパ腫の症状

リンパ腫とは、白血球にあるリンパ球の細胞ががんになる血液の病気です。
リンパ腫は猫がかかりやすいがんの1つとなっていて、血液のがんですから、体の全ての細胞から発症します。
発症する箇所により前縦隔型、多中心型、消化器型、節外型に分けられます。
前縦隔型は胸に発症するがんで、呼吸困難や吐出、ものが飲み込めないなどの症状が出ます。
多中心型は、わきや足の付け根などリンパ節にできるがんです。
消化器型は腸に発症し、嘔吐・下痢、食欲がなくなる、痩せるといった症状が出ます。

節外型は中枢神経や腎臓、皮膚、鼻の穴、眼に起こるがんで、中枢神経型では下半身が麻痺するなどの中枢神経の異常、腎臓型では水を多くのみ、おしっこの量が増える、体重が減る、うつ状態になる、中枢神経に異常が起こるなどの症状があります。

皮膚型のものは、激しい痒みや毛が抜ける、皮膚が潰瘍状態になったり、硬くごわごわする、湿疹ができるなどの症状が出るのが一般的です。

鼻の穴に起こるものは鼻から出血したり、汁がでたりする症状や、顔が変形する、呼吸が困難になるなどの症状があります。

リンパ腫のステージ分類は、以下のとおりです。
ステージ1が1つのリンパ節または1つの臓器に発症している段階。
ステージ2は複数のリンパ節にがんが発症している段階です。
ステージ3は、全身のリンパ節にがんが発症している段階となります。
ステージ4で、肝臓または脾臓にがんが発症している段階。
ステージ5は末梢血液や骨髄にがんが発症している段階です。

発症の原因はさまざまですが、最も多いのが、猫白血病ウイルスの感染です。
このウィルスに感染すると、発症率は約60倍に跳ね上がるといわれています。
猫免疫不全ウイルスに感染している場合も、発症リスクが5倍高くなります。
猫白血病ウイルスと猫免疫不全ウイルスの両方に感染している場合は、発症リスクは80倍になると報告されています。
また、飼い主に喫煙習慣があると、受動喫煙でも発症リスクが高くなります。
大切な猫ちゃんをがんにさせないために、飼い主さんは猫ちゃんのそばでタバコを吸わないようにしましょう。
このほかストレス・細菌・腸の炎症などが原因になるともいわれており、リンパ腫の発症はさまざまな要因が複雑にからみあっていると考えられます。

リンパ腫の治療法

治療では、抗がん剤による化学療法を行うのが一般的です。

中枢神経型のリンパ腫では放射線療法が行われる事もあります。
また、リンパ腫によって生じるさまざまな病状を抑えるための対症療法も並行して行われます。

縦隔型リンパ腫では胸水がたまるので呼吸困難に陥ることが多いのですが、このような場合は胸水を取り除いて呼吸をしやすくします。

口内炎の症状と対策

猫の口内炎ってどんな病気?

猫の口内炎は、口の中の粘膜や歯茎、舌、くちびるや喉などが炎症を起こしてただれたり、重症の場合は潰瘍になって出血することもあります。
 
猫が口内炎になるとヨダレが出て、口臭が強くなります。
強い痛みを伴って、食事が食べられないので痩せる、毛づくろいがうまくできなくて、毛艶が悪くなるといった症状もあらわれます。
前足で口のまわりのよだれを取ろうとして、手首を汚すこともありますよ。
ものを食べているときに口内炎の部分に食べ物が触れると、飛び上がるほど痛いので、悲鳴をあげることさえもあります。
重症になると、食事だけでなく水も飲めなくなってしまい、呼吸でさえも困難になってとても衰弱してしまうのです。

口内炎になる原因はさまざまです。尖ったものを咬んで口の中に傷ができて、そこから炎症を起こす場合や、歯垢が溜まって細菌が繁殖して炎症を起こすケースもあります。

また、猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症といった、ウイルス感染が原因となる場合も少なくありません。

このほかにも猫白血病や猫エイズなどで免疫力が低下して発症することもありますし、糖尿病や腎臓病から口内炎ができることもあります。

口内炎の治療法は?

猫が口内炎になるのは、さまざまな原因がありますから、まず検査で細菌感染やウイルス感染をしていないか、腎臓などにトラブルがないかを調べるための血液検査を行います。

その後で、症状に合わせた治療が行われますが、もしも糖尿病などの病気が原因の場合は、その病気を治療していきます。
また、口の中の細菌が増殖しないように消毒液で洗浄したり、細菌をやっつけるための抗生剤を投与します。
このほかステロイド剤の注射や軟こうを使う、痛みを和らげるために鎮痛剤を投与する、免疫力を調整する薬を使う、炎症をおさえるオメガ3脂肪酸を摂取する、炭酸ガスレーザーで炎症部分を取り除く、抜歯するなどの方法が一般的な治療法となります。

口内炎の予防法は?

猫の口内炎の予防法は、歯周病の予防法と同様に、毎日の歯みがきなどでのプラークコントロールが基本です。
毎日の歯磨きを習慣づける事が大切ですが、嫌がる猫ちゃんの場合は口腔洗浄剤で口の中を洗浄してあげたり、歯垢がつきにくいキャットフードに変えるなどしましょう。
とにかく猫のお口のなかに、口内炎の原因となる細菌を繁殖させないことが大切です。

口内炎になると、人間でも物を食べる時に痛くてつらいものですよね。
小さな猫ちゃんの場合は、なおさらです。
症状が進むと歯を抜かなければならない事態になることもあります。
少しでもおかしいなと感じたら、早めに獣医さんに見せることが大切です。

歯周病の症状と対策

ネコの歯周病ってどんな病気?

歯周病は人間はもちろんのこと、すべての動物がかかる口腔の病気です。
猫も歯周病にかかりやすく、3歳の猫ちゃんの8割が歯周病であると報告されています。
歯周病になると歯を支えることができず、抜歯する事もあります。
エサが食べられなくなるので、猫の健康と長生きを考える上で、避けては通れない問題が歯周病対策です。

歯周病とは、口の中に歯垢が溜まり、そこから細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。
歯周病による炎症には、歯肉炎と歯周炎があります。

歯肉炎は歯茎が炎症を起こして腫れたり、出血したりする症状です。
初期症状であれば治せますが、放っておくと症状が悪化して歯周炎になります。

歯周炎は歯茎だけでなく、歯を支える組織までも炎症によって破壊されている状態です。歯茎から膿がでたり腫れたりして、強い痛みを感じることもあります。
それでも放っておくと、歯を抜かなくてはならなくなって、ものが食べられなくなるので、歯肉炎の段階で適切な治療を受けることが大切です。

歯周炎になると、歯周病だけでなく顎の骨が骨折したり、感染症になったり、顔面が腫れて目の下から膿が出る眼窩下膿瘍などの病気になることもあります。

飼いネコの食事の食べ方がおかしい、口元をいつも気にしている、よだれを垂らしているといった症状が出たら、歯周病の疑いがあります。
また、顔が腫れるなどの症状があれば、かなり重症です。

歯周病の治療法は?

歯周病の治療では、歯肉炎の場合は歯石を取り除いたあと、歯の表面を磨いてきれいにします。

そして炎症を抑えたり、痛みを和らげるために消炎鎮痛剤やステロイド剤が使われることもあります。

歯周病は猫エイズや猫白血病などで免疫力が低くなっている場合に進行しやすいので、このような場合はインターフェロンやラクトフェリンといった薬を使って、免疫力をあげる治療が行われることもあります。
しかし症状が進んで重度の歯周炎になっている場合は、歯を抜くしか治療法がないのが現状です。

歯周病は予防が大切

歯周病はかかる前の予防が何よりも大切です。
人間と同様に、毎日のブラッシングが大切です。
できれば小さいうちから歯ブラシを行って、歯みがきの習慣をつけましょう。
お口の中を清潔に保つことが、一番の予防法です。
猫用の歯ブラシや、幼児用の歯ブラシ、または綿棒を使って歯磨きをしましょう。
猫ちゃんが歯磨きを嫌がる場合は、かかりつけの獣医さんや歯科のある動物病院に相談しましょう。
デンタルケア用キャットフードも販売されていますから、それを使うのもいいですね。
また免疫力を高めるために、栄養バランスの取れた食事を食べさせることも大切です。

腎臓病の症状と対策

腎臓病の症状とは?

腎臓病は猫がかかりやすい病気で、そのなかでも特にアビシニアンがかかりやすいといわれています。
アビシニアンやペルシャ種が腎不全にかかる確率は、他の猫の2倍以上といわれています。

これは腎アミロイドーシスというアミロイドが腎臓の細胞の間に蓄積して腎アミロイドーシスという病気がアビシニアンの遺伝性の疾患として知られており、腎アミロイドーシスを発症するとそれが原因で腎臓の働きが阻害され、さまざまな腎臓病を発症するからです。

腎臓は尿を作る役目を担っていますが、それ以外にも血圧を調整する、血を作るように指示するなど大切な働きをおこなっています。
そのため腎臓病の症状もさまざまです。

腎臓病は急性のものと、慢性のものに分けられます。
慢性の腎臓病になると、飲む水の量が増えて、尿の量も増える、痩せる、毛並みが悪くなるなどの症状が現れます。
また嘔吐、食欲がなくなる、口臭がするといった症状が出る場合もあります。高血圧の猫ちゃんが腎臓病になると、明るい昼間でも瞳孔が開きっぱなしになるといった症状がでます。

ドライフードを食べている猫ちゃんで、一日に体重1キロあたり60ミリリットル以上の水を飲む場合は、水の飲み過ぎです。
たとえば4キロの猫の場合、一日に240ミリリットル以上飲んでいると、要注意ですね。
このような場合は、獣医さんにみせましょう。
また、おしっこに行く回数が増える、尿の量が多くなったといった場合も肝臓病の疑いがありますよ。

腎臓病の治療法は?

慢性の腎臓病の場合は、腎臓病そのものを根治させるのは困難なので、病状の進行を抑える治療が行われます。

最も一般的なのは、腎臓病用のキャットフードに変えることです。
腎臓病は早期治療が大切で、早い時期に腎臓病食に切り替えることで、病気の進行を遅らせることができます。

また症状に合わせて薬が処方されます。
このほか、活性炭製剤を投与することがあります。
活性炭素材が腸内の尿毒素を吸い取って、うんちとなって排泄されるため、腎臓の働きを助ける効果があるからです。

また、透析が行われることもあります。
透析は血液透析と腹膜透析がありますが、どちらも体内の老廃物を排出するためのもので、急性腎臓病などで使われます。

ただ、継続的に透析を行うのは費用がかかりすぎるので、現実的ではありませんし、医学的な技術もそこまで進んでいるとはいえません。
ですから、一時的な透析によって腎臓機能が回復できる場合に、行われるのが一般的です。

予防法は?

塩分を取りすぎない事と、十分な水分補給が大切です。
総合栄養食のキャットフードを食べていれば、栄養バランスは問題がありません。
そして新鮮な水をいつでも飲めるように常に準備しておきましょう。

慢性腎臓病は早期発見・早期治療が何より大切です。
普段の生活で体調をくずしていなかをチェックするとともに、定期的な健診を受けることをおすすめします。

肥満の症状と対策

アビシニアンは太りやすい猫ちゃん

アビシニアンは太りやすいので、ほかの猫以上に、肥満にならないように注意しなければいけません。
アビシニアンの体型はフォーリンと呼ばれており、長くてスリムな骨格が特徴です。
まるでバレリーナのようにほっそりとしていて、優雅なところが魅力ですよね。
でもアビシニアンは、食べることが大好きなのも特徴です。
よく食べるからといって、猫が要求するままに食事を与えていたのでは、太っちょ体型になってしまいます。
猫の肥満は人間の肥満と同様に、糖尿病などの生活習慣病や、重さを支えきれずに関節の病気などの原因になります。
少しでも長く、元気にくらしてもらうためにも、猫の体重管理と食事管理は飼い主の大切な仕事です。

肥満の症状と、確認法

アビシニアンの一般的な平均体長は40センチ~60センチ程度。
平均体重は、3キログラム~5キログラムです。
メスの平均体重は2.5キログラム~3.5キログラム、オスの平均体重は3キログラム~5キログラムとなります。
もちろん個体差があるので、必ずしも上のとおりとは限りませんが、目安にしましょう。

我が家のアビシニアンが肥満になっていないか、定期的にチェックすることが大切です。
チェックの仕方は簡単です。
立った状態の猫ちゃんの脇腹を、両手でやさしく触ります。
そのときに肋骨のある場所が手で感じられ、脇腹の脂肪が垂れ下がってないかを確認してください。
肋骨がしっかりと手で感じられ、脂肪が垂れ下がっていなければ、肥満ではありません。
ただ、肋骨が浮き出ている場合は、逆に痩せすぎです。
栄養不足にならないように、栄養バランスのとれたキャットフードを適量与えましょう。

肥満解消法は?

総合栄養食のキャットフードには、一日に必要な量が表示されています。その量を守っていれば、まず肥満にはなりません。
猫ちゃんが太り気味の場合は、キャットフードをあげすぎかもしれません。
適量を確認して、それ以上はあげないようにしましょう。
また、猫が必要とする一日のカロリーも確認しておきましょう。
大人の猫の場合、体重1キログラムに対して70~80キロカロリーが必要といわれています。
4キログラムの猫ちゃんの場合は、一日に必要な栄養量は280~320キロカロリーとなります。
もしおやつを上げる場合は、必要カロリーの10%以内にとどめ、おやつをあげた分だけ、食事のカロリーを減らすよう注意してください。
ただ、猫ちゃんによって基礎代謝量も運動量も異なります。
必要カロリーだけを与えているのに太ってしまう場合は、少しだけ量を減らして様子をみましょう。
また、かなりの肥満猫になっている場合は、かかりつけの獣医さんに相談して食事のアドバイスなど医師による指導のもとダイエットを行うことをおすすめします。