肥満の症状と対策

アビシニアンは太りやすい猫ちゃん

アビシニアンは太りやすいので、ほかの猫以上に、肥満にならないように注意しなければいけません。
アビシニアンの体型はフォーリンと呼ばれており、長くてスリムな骨格が特徴です。
まるでバレリーナのようにほっそりとしていて、優雅なところが魅力ですよね。
でもアビシニアンは、食べることが大好きなのも特徴です。
よく食べるからといって、猫が要求するままに食事を与えていたのでは、太っちょ体型になってしまいます。
猫の肥満は人間の肥満と同様に、糖尿病などの生活習慣病や、重さを支えきれずに関節の病気などの原因になります。
少しでも長く、元気にくらしてもらうためにも、猫の体重管理と食事管理は飼い主の大切な仕事です。

肥満の症状と、確認法

アビシニアンの一般的な平均体長は40センチ~60センチ程度。
平均体重は、3キログラム~5キログラムです。
メスの平均体重は2.5キログラム~3.5キログラム、オスの平均体重は3キログラム~5キログラムとなります。
もちろん個体差があるので、必ずしも上のとおりとは限りませんが、目安にしましょう。

我が家のアビシニアンが肥満になっていないか、定期的にチェックすることが大切です。
チェックの仕方は簡単です。
立った状態の猫ちゃんの脇腹を、両手でやさしく触ります。
そのときに肋骨のある場所が手で感じられ、脇腹の脂肪が垂れ下がってないかを確認してください。
肋骨がしっかりと手で感じられ、脂肪が垂れ下がっていなければ、肥満ではありません。
ただ、肋骨が浮き出ている場合は、逆に痩せすぎです。
栄養不足にならないように、栄養バランスのとれたキャットフードを適量与えましょう。

肥満解消法は?

総合栄養食のキャットフードには、一日に必要な量が表示されています。その量を守っていれば、まず肥満にはなりません。
猫ちゃんが太り気味の場合は、キャットフードをあげすぎかもしれません。
適量を確認して、それ以上はあげないようにしましょう。
また、猫が必要とする一日のカロリーも確認しておきましょう。
大人の猫の場合、体重1キログラムに対して70~80キロカロリーが必要といわれています。
4キログラムの猫ちゃんの場合は、一日に必要な栄養量は280~320キロカロリーとなります。
もしおやつを上げる場合は、必要カロリーの10%以内にとどめ、おやつをあげた分だけ、食事のカロリーを減らすよう注意してください。
ただ、猫ちゃんによって基礎代謝量も運動量も異なります。
必要カロリーだけを与えているのに太ってしまう場合は、少しだけ量を減らして様子をみましょう。
また、かなりの肥満猫になっている場合は、かかりつけの獣医さんに相談して食事のアドバイスなど医師による指導のもとダイエットを行うことをおすすめします。

網膜変性症の症状と対策

網膜変性症ってどんな病気?

網膜変性症は、目の網膜に異常が起こる病気で、少しずつ視野が狭くなっていき、症状が進むと失明することもあります。

主な症状は、ものが見えにくくなることです。
猫は動くものを目で追ってじっと観察したり、とびかかったり、手でたたいたりしますが、網膜変性症になると、動くものを目で捉えにくくなり反応が鈍くなったり、投げたものをキャッチするのを失敗するなどの症状がでます。
頭をなでてあげようとすると、驚くこともあります。
また暗くないところでも目が光っている、瞳孔が開いているといった場合は、網膜変性の疑いが濃厚です。
重症で失明するとじっとうずくまったまま動かない、目の前にあるものを探し回る、壁などを伝いながら歩くといった状態になります。

網膜変性症の原因は?

原因は遺伝的なものや、ネコに必要なタウリンが不足していることによって起こるもの、ほかの目の疾患によって起こるものなどがあります。

遺伝による網膜変性症は、進行性網膜萎縮症と呼ばれています。生まれてしばらくの期間は、まだ目が見えているのですが、徐々に見えなくなっていき、2歳から4歳ごろには失明するといわれています。
少々視力が衰えても、いつもと変わりなく行動しているので、飼い主が病気に気づきにくく、おかしいなと思ったときにはすでに失明していた……ということも少なくありません。
進行性網膜萎縮症は、アビシニアンやペルシャ猫に発症しやすいともいわれているので注意が必要ですね。

ほかの病気が原因で発症する場合は瞳孔が広がったままだったり、目をきょろきょろさせたり、目の充血や涙を流すといった症状が現れることもあります。

タウリン不足で起こるものは、タウリン欠乏性網膜変性症と呼ばれます。
タウリンは必須アミノ酸ですが、タウリンが十分ではないキャットフードを長期間にわたって食べ続けていたり、野良猫で栄養不足だったりした場合に起こりやすくなりますよ。
最近のキャットフードには必要なタウリンが含まれているので、飼い猫がタウリン欠乏性網膜変性症にかかることは少なくなりました。

網膜変性症の治療法は?

遺伝によって発症した場合はこれといった治療法がなく、進行を止まらせることもできません。

タウリン不足が原因の場合は、タウリンが含まれた総合栄養食を与えることで進行を遅らせることが可能ですが、視力そのものの回復は期待できません。

また、ほかの病気が原因で発症した場合は、まずその病気を治療して、症状の進行を抑えます。
しかしこの場合も、視力の回復は期待できませんし、症状がさらに進行するケースもあります。
ですから網膜変性症の治療法は対症療法が主で、根本的な治療法はほとんどないというのが現状です。

アミロイドーシスの症状と対策

アミロイドーシスってどんな病気?

アビシニアンの飼い主であれば、とっても注意しなければいけない病気、それがアミロイドーシスです。
アミロイドーシスは、猫の体内にアミロイドと呼ばれる水に溶けない繊維状のタンパク質が発生し、それが細胞の隙間に蓄積して、内臓の働きを邪魔する病気です。
内臓がうまく働かなくなります。

どちらかというと珍しい病気なのですが、アビシニアンをはじめシャム猫やオリエンタルショートヘアといった猫種の発症率が高いことでしられています。
そのなかでも特に、アビシニアンの発症率が飛び抜けて高いのです。

アミロイドーシスは、どの細胞にアミロイドが沈着したかによって種類がわかれます。
腎臓の細胞間に沈着した場合は、腎アミロイドーシスと呼ばれます。
肝臓の細胞間に沈着した場合は、肝アミロイドーシスと呼ばれます。
そして、それぞれの臓器の働きを阻害するのです。
その結果、食欲がなくなる、痩せる、元気がなくなる、ふだんより水を多く飲み、おしっこも多くなる、たんぱく尿が出る、慢性の腎不全やネフローゼ症候群、肝不全を発症するなどの症状がでます。
肝アミロイドーシスが原因で、肝臓が破裂して死亡することもあります。

まれに脾臓の細胞に沈着する場合もあり、このケースでは糖尿病を発症することもあります。

一般的な猫が発症する時期は、7歳前後。
しかしアビシニアンは、1歳の若い猫でも発症することがあります。

アミロイドーシスの原因は?

アミロイドーシスの原因は、アミロイドが細胞間に蓄積することです。
アミロイドは免疫力が過剰に反応する免疫介在性の疾患や、生まれつきの病気、感染症、がんなどによって発生するといわれています。
けれど、アビシニアンの場合は、このような病気でなくても、突発的にアミロイドが発生することがあるのです。
遺伝が大きく関与していると考えられますが、詳しい原因は解明されていません。

アミロイドーシスの治療法は?

治療はどのか所にアミロイドーシスが起こっているかによって異なりますが、アミロイドーシスそのものを治す治療法はありません。

ですから治療ではまず、アミロイドーシスが原因で起こっている内臓疾患の治療を行います。
たとえば腎臓にアミロイド蓄積して腎炎にかかっている場合は、腎炎の治療が行われるという具合です。
もしアミロイドーシスによって慢性腎不全になったら、死を覚悟する必要があります。
この場合は治療が困難で、1年以内に死に至るケースがほとんどだからです。

このような悲しい事態にならないようにするためには、どうすればいいのでしょうか。
残念ながら、これといった予防法がないのが現状です。
ですからアミロイドが発症する原因になる、感染症などの病気にかからないように注意するしかありません。

アビシニアンの年齢・寿命

アビシニアンは何歳くらいまで生きられるの?

猫好きの間でも人気の高いアビシニアン。
家族の一員として、飼い猫には元気で長生きしてもらいたものですよね。
アビシニアンに元気で長生きしてもらうために、飼い主はどんなことに気をつければいいのでしょうか?

アビシニアンの平均寿命は、10歳から13歳程度といわれています。
猫全体の平均寿命が15歳といわれているので、平均からみるとやや短命という感じですね。
なぜ、平均より寿命が短いのかというと、猫は雑種もおおいのですが、雑種の場合はいろいろな血が混ざっているので抵抗力が強く、長生きしやすいからです。
ですから純血種であるアビシニアンは、やや短命ということになるのですね。
しかし、アビシニアンであっても飼い主が健康に配慮すれば、13歳を超えても元気な子も少なくありません。

人間のように80年、90年と長生きはできなくても、猫の平均寿命より長生きしてもらえるよう、できるかぎりのことをしてあげたいと思います。

アビシニアンに少しでも長生きしてもらうためには?

まず毎日の食事に気をつけましょう。
猫だけでなく人間も同じですが、食事は健康の基本です。
しかしキャットフードは、人間の食事のように細かな安全規定が設けられていません。
ですから病気で死んだ動物の肉など、廃棄しなければならない材料や添加物などを加えたキャットフードもたくさん販売されています。
猫の安全・健康に配慮したキャットフードに切り替える、あるいは手作りフードを食べさせるといった方法も検討してみてはいかがでしょうか。
ただ安全性の高いキャットフードは作るのに手間がかかりますから、値段は高めです。
手作りフードを作るにしても、子育てや共働きなどで忙しい場合は、なかなか難しいこともありますね。
費用や原材料など、どこまでなら妥協できるか、線引きをきちんときめておくだけでも、食事を改善できるのではないでしょうか。
そして、食事を必要以上に与えすぎないことも大切です。
アビシニアンは太りやすいので、特に注意です。
肥満はさまざまな病気の原因になります。
よく遊ばせて運動をさせながら、適量の食事を挙げましょう。

そしてなるべく、ストレスを与えないことも大切です。
アビシニアンは甘えん坊の性格の子が多いですから、猫と一緒に遊んだり、スキンシップをしたり、可愛がってあげましょう。
だからといって、いやがっているのに無理やり抱っこしたり、かまいすぎるのは逆効果ですよ。
猫の様子をよく観察しましょう。

アビシニアンは腎臓や肝臓の病気にかかりやすいので、注意が必要です。
毎日の様子やおしっこ、うんちなどをしっかりと観察して、少しでもふだんと違うなと思ったら、すぐに獣医さんに診てもらいましょう。
そしてできれば、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

アビシニアンの毛色

アビシニアンの特徴、ティッキング

アビシニアンは独特の美しい被毛の色も魅力のひとつです。
その秘密は、1本の毛に複数の色が混じって模様を作っていること。
この1本の毛に複数の色が混じって帯のようになっていることをティッキングといいます。
1本1本の毛が濃淡にわかれていて、これが全体で合わさって、複雑で神秘的な輝きを放ちます。
猫の色にはさまざまな名前がありますが、アメリカの血統登録団体として有名なTICA(The International Cat Assosiation) は、アビシニアンのティッキングの模様を、ティックド・タビーと名付けています。
タビーとは縞模様のことをいいますが、アビシニアンの場合、胸の部分や四肢には縞模様がないほうが好ましいとされているんですよ。

逆三角形の顔には、眉のところにM字型のペンシルマークがあり、アーモンド形の目元は、薄い色が入っています。
そして、口元からのどにかけて白い毛が生えているのが特徴です。

アビシニアン、4つの色

ぱっと見たときに感じる色の印象によって、アビシニアンは4つの色に分けられています。
その4色とはルディ・フォーン・ソレル(レッド)・ブルーです。最近は、これにシルバーが加わりましたが、CFAなどTICA以外の血統登録団体では認めていないところもあります。

ルディとはブラウン・アグーティ・タビーとも呼ばれますが、毛の先が最も濃い色をしており、黒かダークブラウンで、皮膚に近い部分は明るいオレンジ系のブラウンです。
アビシニアンの8割がこの色をしており、最もアビシニアンらしい色合いともいえます。
尻尾の先は黒、肉球も黒かダークブラウン、鼻先は赤みのある茶色です。

フォーンは、カフェオレのような優しいベージュに、濃い目のベージュが混じっているタイプです。
尻尾の先は濃い目の明るいベージュ、肉球と鼻先はピンク色です。

ソレルは栗色のことですが、レッドと呼ばれることもあります。
明るいオレンジ系のブラウンをベースに、シナモン色が混ざっています。
薄い色よりも濃い目の方が好ましいとされており、しっぽの先の方はシナモン、肉球はピンク、鼻先は赤みがかったピンクです。

ブルーはアビシニアンブルーともよばれます。
明るいブルーのベースに、グレイがかった青が混ざっています。
しっぽは暗めの青灰色。
青というよりも青みのあるグレーといった印象で、ミステリアスな雰囲気があります。
このためアンビシニアンの色のなかでも、とても人気が高い色なんですよ。
ブルーはアビシニアンのなかでも珍しい色ですが、これから猫を飼いたい!という方は、ブルーのアビシニアンも候補に入れてはいかがでしょうか。